OCN光を利用してみて

2015年の6月に以前契約していたDTIフレッツ光の契約が終了したので、
切り替えの段階でブロードバンドナビ株式会社からOCN光に申し込みました。

ブロードバンドナビ株式会社から申し込んだのは転用した際のキャッシュバック額が一番高く
8,000円もらえたからです。
実際にキャッシュバックの手続きも簡単に済みましたしコールセンターの対応も非常に良かったので
満足しています。

OCNを選んだのは基本料金が他社の光コラボに比べ低かったというのと、
自分がすでにOCNモバイルONEを利用しているからというのが理由です。
というのもOCN光コラボとモバイルONEを両方利用することでモバイルONEの月額利用料金が200円割引されます。
そのことも考慮すると他社の光コラボを利用するよりも月額の利用料金をだいぶ抑えることができるのです。

ちなみにOCN光は月額4,700円が標準料金ですが、2年自動更新型割引を利用することで3,600円になり
数ある光コラボの中でもかなり低い月額料金になっています。

ただしこの2年自動更新型割引ですが、携帯電話の更新と同じように2年の契約期間中に解約すると違約金11,000円が発生します。
そのため他社に乗換をしたい時などは更新月の2カ月間で解約の手続きを進めなければいけません。(以前は1カ月だったのですが変更したようです)
もし利用する場合は注意が必要です。

ところでこのOCN光は光コラボレーションという2015年2月から開始されたサービスをOCNが提供しているものです。
今までのフレッツ光と同じ回線速度・内容ではあるのですが、光コラボはプロバイダーなどがNTTから回線を借入れて独自のサービスを提供しているものなので
転用した場合はNTTは一切サポートをしなくなります。

僕は引っ越した際にNTT側の不手際でマンション内のケーブルが室内に通っておらずしばらくインターネットが利用できなかったのですが、
この際もOCNに一度連絡を入れないとNTTは一切対応してくれませんでした。
そのため今までよりも問題解決に時間がかかってしまい2週間ほど待つこととなりました。

光コラボで利用料金が以前よりも低くなったりと利用者にとってメリットがある一方で、
デメリットもあるということを身をもって体験することとなりました。

ビビック光